HOME>自由に生きる労働戦略編

本当にしたい仕事をすることで得られる生き甲斐と豊かさ


本当にしたい仕事をしている人は存在するか

親から膨大な資産を受け継いだという方以外、生きるためには働かなければならなりません。仕事とは、もともと過酷であり本来であればしたくないような事も率先して行う必要があります。また、仕事自体は辛くないという方でも、あまり気の合わない人間と、日々顔を合わせなければならないことに大きなストレスを感じるという方も少なくはないことでしょう。

そこで提案ですが、本当にしたい仕事をするという発想はいかがでしょうか。どうせ働くなら、好きな仕事、本当にしたい仕事をすることで、仕事自体を楽しむことが可能となるはずだからです。

「そんなうまい話はない」

あなたはそう思われるでしょうか。ところが、本当にしたい仕事をすることで高い収入を得ている人もこの世には多数存在します。しかしその経緯はさまざまです。

実際に本当にしたい仕事をしている人がその仕事に出会うまでの経緯

たとえば、趣味がこうじて仕事になったという人間がいます。趣味である特化したフィギュアを収集していた彼、その道の知識は誰にも負けないと豪語しています。彼は自らの知識をインターネットで公開したところ、次第に読者が増え始めます。かなりレアなネタなので、当初は誰も読まないかもしれないと考えていたそうです。しかし現在では、日本はおろか全世界からのアクセスがあるといいます。

彼は、後に自己サイトでフィギュアを売り始めるようになります。すると、これまでの読者から、面白いほどの受注が入ったといいます。彼のサイトの読者は、単なる読者と言うよりも、彼のファンだったことが考えられます。既にその道で高い信用を得ていたことが大きな要因だったようです。

一方で、当初は別段好きではなかったものの、現在では仕事が生き甲斐になったという方もいます。就職情報誌を見て面接を受け、入社したのは、ある商品を製造販売している企業でした。彼は何もわからないまま営業部に回され、日々訪問販売活動を行うようになります。しかし当初全く売れず、苦痛の毎日だったそうです。しかしです。3ヶ月を超えた頃から彼は売上げを急速にのばし始めます。また、この頃から仕事がとても面白くなったといいます。現在売上げトップを毎月キープしている彼にとって、現在の仕事は生き甲斐であり天職だといいます。つまり、彼にとって本当にしたい仕事こそ、現職であるわけです。

生き甲斐と豊かさの双方を手にすることが可能な仕事を探そう

したい仕事を始める、もしくは現在の仕事を、したい仕事として捉えることができるようになるまで走り続けてみるなど、その経緯はさまざです。しかし、今後のプランとして「したい仕事をする」という一言を、あなたの目標に加えられてみてはいかがでしょうか。

それが具現化したなら、それは生涯のあなたの仕事となることでしょう。また、好きな仕事であることから、あなたは必ず、首位を凌駕するだけの高い売上げを上げることができるはずです。つまり生き甲斐と豊かさを、同時に手に入れることに成功することになるわけです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、充実した人生を送られていますでしょうか。思い通りに自由に生きていらっしゃいますか。あなたの人生は一度しかないはずです。しかしこの貴重な時間を、空虚感を持ったまま過ごしてはいませんでしょうか。あなたは本来、もっと自由に羽ばたくことができます。思い通りに自由な人生を生きる資格を持っているのです。自由になるための仕組みを知る一部の人間は、自由を謳歌し自らの欲望をそのままに、人生を生きているものです。ですから、あなたも気づくべきなのです。そして、本来あなたが持つ自由を手に入れるべきなのです。それでは早速自由になるための方法を学んでいくことにしましょう

カテゴリ一覧


自由に生きる労働戦略編