HOME>自由に生きる労働戦略編

負け組といわれる非正規労働者が持つ強みとは


増加傾向にある非正規労働者とその実状

昨今、非正規雇用が社会問題化しています。大学を出たての若者でさえ、正規雇用での採用枠が限られてきており、すべての人が正社員として社会へ出ることができない状態が続いているのです。

新卒者でさえこの状態にあるわけですから、中途採用においては、さらに正規雇用への道は狭まることになります。また、中高年においては、よほどのスキルを持っていなければ、正規雇用での採用は不可能と考えて間違いありません。

非正規労働者の場合、低賃金でなおかつ、単純作業を中心とした仕事や過酷な作業を強要されることも少なくありません。また、契約期間が短いことから、せっかく雇用されたとしても、しばらくすればまた次の仕事先を探す必要があることさえあります。ボーナスも支給されないことから、安定した生活を送ることができないのが実状でしょう。

政府は企業に正規雇用者の採用枠拡大を促進させるための措置として、労働基準法を改訂し、一定期間非正規雇用として勤務した労働者に対しては、正規雇用への道を開こうとしています。しかしこの法律には大きな穴があり、子会社などの組織改編を繰り返すことで、それを阻止することは容易です。つまり、抜本的な改善策とはなっていないのです。

非正規労働者のメリットを考えてみよう

さて、それでは現在の非正規労働者は、今後どのように生きていけばよいのでしょうか。

ここでまず、非正規雇用のデメリットではなく、メリットを考えてみましょう。正規雇用側に行くことがままならないのであれば、非正規雇用のままでも自由に生きる方法を見いだすことで、新たな道を切り開くことができるかもしれないからです。

非正規労働者は、仕事において、当然の事ながら重要なポストを担うことはできません。しかし逆に考えるならば、責任の重圧に押しつぶされるような業務は存在しません。また、雇用期間が短い一方で、その都度自由に仕事を選ぶことができることでしょう。複数の仕事から、幅広いスキルを身につけることができるわけです。さらには、生涯にわたって仕事にしがみつく必要がないため、しばらく働いては、長期休暇を取ることもできる。実は、非正規雇用にもさまざまなメリットが存在するものなのです。

非正規労働者が持つメリットを活かした生き方とは

「しかし低賃金という大きな問題は残る」

あなたはそうおっしゃるかもしれません。しかしこの問題は、あなたご自身の意識を改革することで解決することが少なくありません。本サイトではそんな意識改革についてもふれています。詳細については、そちらに譲りますが、ようは徹底した意識改革により、たとえば年収100万円程度でも生活できるライフサイクルを手にしてしまうことっです。

すると、非正規雇用のメリットは、すべてが輝くことになります。あなたはサービス残業で泣くことも、仕事の重圧につぶされることも、いつリストラにあうかとビクビクすることもなく自由に生活することができるようになります。

非正規労働も、考え方によっては、あなたの生活を豊かにする可能性があることを、ここではご記憶いただければと思います。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、充実した人生を送られていますでしょうか。思い通りに自由に生きていらっしゃいますか。あなたの人生は一度しかないはずです。しかしこの貴重な時間を、空虚感を持ったまま過ごしてはいませんでしょうか。あなたは本来、もっと自由に羽ばたくことができます。思い通りに自由な人生を生きる資格を持っているのです。自由になるための仕組みを知る一部の人間は、自由を謳歌し自らの欲望をそのままに、人生を生きているものです。ですから、あなたも気づくべきなのです。そして、本来あなたが持つ自由を手に入れるべきなのです。それでは早速自由になるための方法を学んでいくことにしましょう

カテゴリ一覧


自由に生きる労働戦略編