HOME>自由に生きる労働戦略編

働きたいときに働くことができる魅力は計り知れない


サラリーマンとフリーランスのライフスタイルの相違

あなたは毎日何時に起きていますか。たぶんは7時から8時の間に目覚まし時計に起こされていらっしゃることでしょう。あなたは急いで朝食を取り、着替えなどの準備をして家を飛び出します。そして満員電車に詰め込まれて通勤するのが日課となってはいないでしょうか。

しかしこの世の中には、通勤電車に乗ったことがないという人間も少なくありません。予定がない日は、目覚めたときが朝の始まりであり、ゆっくりと朝食を取り、そして部屋で仕事を始めます。

フリーランスの人々です。

彼らは、自分で仕事を取り、それをこなすことで生計を立てています。打ち合わせのために得意先に出向くことはあるものの、通常は部屋にこもり仕事をしています。納期はありますが、それさえ守れば、いつ何をしていても誰も文句は言わないでしょう。また、突然思い立ち、旅に出てしまうこともあります。大きな仕事を終えた後には、長期間日本を離れ、南の島でゆっくりと急速を取ることもあるのです。

日々、過酷な生活を続けなければならない人間からすれば、あこがれのライフスタイルであるかもしれません。

フリーランスはサラリーマンにはないメリットとデメリットを持っている

ただし、フリーランスの場合、きっちりと仕事をこなせるだけの実力が不可欠ではあります。誰よりも優れた能力を持つことで、次の仕事を得ているからです。また、彼らは市場動向についても、常に注意を払っています。市場動向によっては、突然仕事が来なくなることさえあるからです。

さらには、仕事自体、自らの力で探す必要があります。しかも常に自己のスケジュールに合った形で仕事を受注する能力が要求されます。単に自由な生活をのんきに続けているわけではないわけです。

「そんな事、俺には到底できない」

多くの人は、そう思い、そしてそんな苦労をするなら、勤めていた方が良いと考えることでしょう。しかし、フリーランスで生きることを決意した人間は、フリーランスに不可欠な能力を高めるための準備を始めます。そしてそれを積み上げていくわけです。

フリーランスとして生きる選択肢も、思い通りに自由に生きることにつながっている

望むべき方向が決定し、そしてそれに向かって歩む決意さえしてしまえば、実はそんな能力は次第に備わっていくものなのです。

いかがでしょう。あなたがまだお若く、今後様々なことを学ぶことのできる環境にあるのであれば、フリーランスとして生きていく道を模索されても良いと思います。勤めないで生きていくことは、決して楽なことではありません。しかしそれでも、思い通りに自由に生きる方法のひとつとして、魅力的な選択肢のひとつと数えて間違いはないはずです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、充実した人生を送られていますでしょうか。思い通りに自由に生きていらっしゃいますか。あなたの人生は一度しかないはずです。しかしこの貴重な時間を、空虚感を持ったまま過ごしてはいませんでしょうか。あなたは本来、もっと自由に羽ばたくことができます。思い通りに自由な人生を生きる資格を持っているのです。自由になるための仕組みを知る一部の人間は、自由を謳歌し自らの欲望をそのままに、人生を生きているものです。ですから、あなたも気づくべきなのです。そして、本来あなたが持つ自由を手に入れるべきなのです。それでは早速自由になるための方法を学んでいくことにしましょう

カテゴリ一覧


自由に生きる労働戦略編