HOME>自由に生きる労働戦略編

誰もがあこがれる不労所得の実現を考える


不労所得は作り出すことが可能である

思い通りに自由に生きるためには、できれば労働は最小限に留めておきたいものです。ビジネスを展開することが生き甲斐であればいざ知らず、過酷な労働を課されていては、とても自由は得られないからです。

仮に、あなたが、働かずとも毎月何らかの収入が見込めるルートをお持ちであれば、あなたは働くことなく生涯を自由に過ごすことができるはずです。

「確かに夢のような話だが、そんなうまい話があるわけがない」

あなたはそうおっしゃるかもしれません。しかし、あなたがまだお若いのであれば、不労所得を作り出すことは十分に可能です。今回は、不労所得の実現について考えてみることにしましょう。

自分の代わりに働いてくれるモノがあれば不労所得は可能である

「不労所得」とは文字通り、労せずに得る所得のことです。つまり、働かずに所得を得ることに他なりません。

もともと私たちは、労働やサービス提供をすることで、その対価としてお金を得ています。つまり自分の労働を奉仕することにより、お金を得ているわけです。

一方、不労所得を得ている方の多くは、何らかのモノを持ち、それを運用することによりお金を作り出しています。自分の代わりに何かを提供するため、自分自身は働かなくてもかまわない。

これが不労所得です。

では、自分の代わりに提供するものとは何でしょうか。これは、たとえば不動産であったり、お金であったりします。不動産の場合、それを人に貸しだすことで、家賃を得ることができることでしょう。また、お金を投資することで、その価値の変動益や利回りを得ることができます。自分の代わりに不動産やお金に働かすことで所得を得ているわけです。

このように、不労所得を得るためには、自分の代わりに働いてくれる何らかの資産や仕組みを作り出しておく必要があるわけです。

自分の代わりに働いてくれるモノを作る

「不動産にせよ投資する資金にせよ、所詮はお金持ちにしか用意できない。俺には無理だ」

確かにその通りです。誰もが持てるものではありません。

しかし、あなたがもしお若いのであれば、今後、徹底して支出を抑えたり、収入源を別に作り出したりすることで、資金を貯めることは可能となります。

ちなみに月10万円を貯金にまわすことができれば、年間120万円。10年で1200万円になります。これだけの資金があれば、これを頭金にして不動産を取得することが可能です。また、不動産があれば、それを担保にしてお金を借りることもできるでしょう。資産を回し始めることができるわけです。

また、とてもそんな貯金はできないという方の場合、お金ではない何かを時間をかけて育て上げることも、現在では不可能な話ではありません。

インターネットを味方に付けることで、自己のビジネスモデルを育て上げる方法です。実際、ゲームの配信を始めた個人が、わずか10年で株式上場を果たし、億単位の時価総額を作り上げたケースも存在します。この規模まで拡張する必要はないものの、何らかのサービスを立ち上げ、これを10年後に年収分までの商いに育て上げることは、さほど難しくないとは思われないでしょうか。

時間は、かならずあなたに味方します。あとはビジネスモデルにPDCAを継続的に施すことで、あなたに変わってお金を稼ぐサービスを作り出せば良いわけです。

年収以上の不労所得があれば、あとはそれを維持しつつ、あなたは生涯を思い通りに、自由に生きていくことができることでしょう。

考え、そしてトライしてみる価値は十分にあると思われますが、いかがでしょうか。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、充実した人生を送られていますでしょうか。思い通りに自由に生きていらっしゃいますか。あなたの人生は一度しかないはずです。しかしこの貴重な時間を、空虚感を持ったまま過ごしてはいませんでしょうか。あなたは本来、もっと自由に羽ばたくことができます。思い通りに自由な人生を生きる資格を持っているのです。自由になるための仕組みを知る一部の人間は、自由を謳歌し自らの欲望をそのままに、人生を生きているものです。ですから、あなたも気づくべきなのです。そして、本来あなたが持つ自由を手に入れるべきなのです。それでは早速自由になるための方法を学んでいくことにしましょう

カテゴリ一覧


自由に生きる労働戦略編