HOME>自由に生きる金銭学編

誰でも儲けることのできる仕事の真の意味を知る


誰でも儲けることのできる仕事は存在するか否か

インターネットなど、巷には「誰でもすぐに始められる儲かる仕事」「楽に儲かる仕事」といっった情報が氾濫しています。誰でもすぐに、そして楽に儲けることのできる仕事があれば、これまでの激務で低賃金の仕事など辞め、すぐにでもそれを始めた方が良いはずです。

ところがこのような情報の仕事の多くは、あなたが始めたとしても、儲かることはありません。

「誰でもすぐに始められて、儲かる仕事。楽に儲かる仕事」は、実際に存在します。また、そんな仕事を始めて大きく儲けた人間も、実際に存在するものです。

インターネットを始めとした新たなメディアの登場は、それまでのビジネスモデルを大きく変えることになりました。また、インターネットは成長過渡期であることから、日々様々な新しいサービスが登場しては消える状態が今なお続いています。

このため、新たに登場した技術や市場に注目することで、一時、予想もしないような利益を得ることに成功することがあります。つまりこれが「誰でもすぐに始められて儲かる仕事。楽に儲かる仕事」の一例となります。

そして、そんな仕事で儲けることに成功した人は、次にそのノウハウを有償で提供することを考えることでしょう。実際に儲けた情報であることから嘘はありません。ところが、その情報をあなたが購入して、実際に試してみると、お小遣い程度しか儲かることができません。あなたは「騙された」と嘆くことになるはずです。

これはなぜでしょうか。あなたが儲からない要因は、2点存在します。

誰でも儲かる仕事では、あなたが儲けることはできない2つの要因

1)市場動向の変化

ある市場が突然発生し、それに注目した人間が大きな利益を上げることに成功したとします。するとその情報は有償無償を問わず拡散することだでしょう。すると、儲けを得ようと追従するもの急速に増え始めます。当初はそれでも儲かるかもしれません。市場規模が広がれば、まだまだそこから利益を吸い上げることは可能だからです。しかし多くの人間の参入が続くと、そのモデルは一般化してしまことになります。そしてモデルが一般化してしまえば、儲けは多くの人間で奪い合うことになります。よって思うようには儲からなくなるわけです。

2)成功者とあなたの相違

有償無償にかかわらず儲かった情報を公開した成功者は、成功に至るまでのすべての行程を、地道なPDCAサイクルによって作り上げています。度重なる失敗と、わずかの成功を繰り返すことにより、成功へと自らを導いているのです。

つまり、儲けに対する経験値が非常に高いわけです。このため、市場動向の変化を察知すると、その変化に対応した新たなモデルの構築や、現在のモデルの変更を短期間で行うことができます。ところが、成功者のモデルを見聞きして追従した人間は、経験値が無いことから、これができません。このため、思うように儲けを出すことができないのです。

よって成功者のノウハウは、あなたの儲けに直接的に貢献することはありません。お小遣い稼ぎができたという程度で収束するのがオチなのです。

見聞きした儲かる仕事を、本当に儲かるように変える技術とは

一方、成功者のノウハウを学んだ上で、実際に行動し、その結果をあなたなりのPDCAサイクルに取り込んで研究を進めるというスタンスで臨むのであれば、あなたの成功確率は飛躍的に高まっていくことでしょう。当初は極めて地道であり、利益も少ないものの、この行程を経ることにより、あなたの経験値は徐々にではあるが高まることになるはずだからです。

「誰でもすぐに始められる儲かる仕事」「楽に儲かる仕事」は、あなたの立場からするならば、存在しないのです。

しかし、誰でもすぐに始められるものの、楽には儲からず、しかし徐々に育て上げれば、高い確率で儲けを出すことができる仕事であれば、どこにでも転がっているものなのです。あなたは是非この王道を進んでいただきたいと思います。

「近道を探すために、彼はもう何年も歩き回っている」

少なくともあなたには、このような矛盾の道は、歩んでいただきたくないと考えています。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、充実した人生を送られていますでしょうか。思い通りに自由に生きていらっしゃいますか。あなたの人生は一度しかないはずです。しかしこの貴重な時間を、空虚感を持ったまま過ごしてはいませんでしょうか。あなたは本来、もっと自由に羽ばたくことができます。思い通りに自由な人生を生きる資格を持っているのです。自由になるための仕組みを知る一部の人間は、自由を謳歌し自らの欲望をそのままに、人生を生きているものです。ですから、あなたも気づくべきなのです。そして、本来あなたが持つ自由を手に入れるべきなのです。それでは早速自由になるための方法を学んでいくことにしましょう

カテゴリ一覧


自由に生きる金銭学編