HOME>自由を手にするシンプルライフ編

生きることの意味を考えるだけで自由な生活を手にする


家族のためといいつつ、家族を蔑ろにして働くことの矛盾

そもそも「生きる」とは、どのような意味を持っているのでしょうか。家族を支え、子供を育てることは、私たちが生きる上で非常に重要な要素の一つです。しかし、より高いライフスタイルを実現するために、過酷な労働に耐えるとなると、ひとつの疑問が生じるはずです。

それは、「これほどまでに辛い日々を送って、いったい自分に何が残るのだろう」という疑問です。

たとえば、自分が苦労することで、家族の快適な生活を保障することができるのであれば、それだけでも意味あります。家族の安定かつ快適な生活こそが、自分の生きる価値だとするならば、それは立派な意味を持つからです。

しかし、現在のビジネスマンの中には、家庭を顧みない人間が少なくありません。家庭のためと思っていても、実は、常に夫や父不在の寂しい家庭を作り上げているケースは決して少なくないのです。

また、そんなビジネスマンの多くは、日々多忙な仕事に追われ、常に多大なストレスをかかえています。仕事が大変でありながら、それを拒否すれば失業という大きなペナルティが待っています。一度正規雇用者の立場を失ってしまえば、すぐには次の職業につくことはできません。また、現状の収入を維持したままの転職は、現在では非常に難しい状況にあります。

このような重い重圧から解放されながら、家族とともに楽しい時間を過ごすことはできないものでしょうか。

意識の抜本的な改革により、あなたは見たことのないパラダイスへ到達できる

実は、これを実現している人は決して少なくありません。しかし、その方々の多くは、抜本的な意識改革のもと、住環境や仕事を大きく変えています。また、思いつきで行うのではなく、周到な調査や準備を積み重ねることで、リスクを最小限にとどめながらも、安定した生活環境への移行に成功しているのです。

人はそれぞれ異なる生活環境を持ちます。このため、現在抱える問題もまた多種多様であるはずです。しかし、それらをすべてリセットできたなら、問題を回避するための策は、必ず存在するものです。

人生を豊かに過ごすための方向性、それは資本主義社会に組み込まれた支出モデルだけではないはずです。たとえ利便性の高いサービスや製品を使うことができたとしても、所詮は、多大な支出を強要されてしまうことになります。

結果的に経済活動に組み込まれ、お金を吸い上げられ、そしてそれを補填するために、日々朝から晩までの苦行を強いられることになるわけです。

あなたは考える必要があるはずです。このモデルからの抜本的な離脱をです。そのアクションの向こう側には、今まで知り得ることができなかったパラダイスが用意されているかもしれないのですから。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、充実した人生を送られていますでしょうか。思い通りに自由に生きていらっしゃいますか。あなたの人生は一度しかないはずです。しかしこの貴重な時間を、空虚感を持ったまま過ごしてはいませんでしょうか。あなたは本来、もっと自由に羽ばたくことができます。思い通りに自由な人生を生きる資格を持っているのです。自由になるための仕組みを知る一部の人間は、自由を謳歌し自らの欲望をそのままに、人生を生きているものです。ですから、あなたも気づくべきなのです。そして、本来あなたが持つ自由を手に入れるべきなのです。それでは早速自由になるための方法を学んでいくことにしましょう

カテゴリ一覧


自由を手にするシンプルライフ編