HOME>自由に生きる労働戦略編

正規雇用労働者は本当に勝ち組か


過酷な正規雇用労働者が勝ち組と本当に言えるかの疑問

昨今、非正規労働者の割合が労働者の40%程度にまで増加してきているといいます。つまり働いている人間の10人に4人は、契約社員や派遣社員、アルバイト、パートなどの立ち位置にいることになります。非正規労働者の場合、働ける期間が短く、低賃金でありながら過酷な労働が課せられるとされています。このため、労働者の多くは、正規雇用労働者になりたいと考える傾向にあります。

確かに正規雇用労働者の場合、収入が安定している上、ボーナスの支給もあります。福利厚生が比較的しっかりとしているなどのメリットが存在するわけです。しかし一方で、重い責任が課せられる、サービス残業を強要される、リストラのリスクがつきまとう、ライバルに常に勝ち続けなければ未来が切り開かれないなどの過酷な状況にあります。つまり、正規労働者だからといって、決して安心はできない状況にあるのです。

今後、正規雇用労働者の割合はさらに減少していくことでしょう。すると正規雇用労働者の重圧もさらに増す可能性があります。そう考えると、正規雇用労働者として生き続けることが、果たして思い通りに自由に生きることにつながるのかは、怪しくなってはこないでしょうか。昨今ではブラック企業も増加傾向にあるため、そんな中に飛び込んで苦労することが、果たして正しい道なのでしょうか。

この点については、じっくりと考える必要があるようです。逆に、非正規雇用に身を置かざるを得なくなったとき、正規雇用労働者への復帰を望むことが、正しいことなのかも、考えるべきなのかもしれません。また、非正規雇用労働者として、自由に生きていく道はないのでしょうか。

意外にも多い非正規労働者のメリット

さて、それではここで、非正規労働者側のメリットを考えてみることにしましょう。このメリットをしっかりと把握し、うまく活用することで、非正規雇用労働者となったとしても、楽に人生を渡り歩くことが可能となるかもしれないからです。

非正規労働の場合、労働期間が定められている場合が少なくありません。このため、長期に渡る安定的な収入は期待できません。しかしもし、この間にまとまった金額を稼ぐことができればどうでしょうか。たとえばIT系のシステムエンジニアやSIerの中には、1年の半年を仕事に費やし、残りの半年を海外で過ごすというライフサイクルを送る人間がいます。

また、非正規労働者の場合、責任のあるポストにはつくことができませんが、これはつまり重圧のある仕事をしなくても良いということにはならないでしょうか。

さらには、その時々において、自由に職種や働く場所を選択することができる点は、考えようによってはメリットとなることでしょう。興味のある市場に飛び込み、その内情を把握して、起業のチャンスをうかがうことさえできるはずです。また、人間関係がうまく行かない、仕事が合わないなどの問題があれば、即座にやめることさえできます。これは、考え方によってはメリットとなりうる点です。

非正規労働者に対応したライフスタイルを送ることで自由は手に入る

「そうはいっても、非正規雇用の場合、賃金が安い。この問題は払拭できないだろう」

あなたはそうおっしゃるかもしれません。

しかしこの問題を払拭し、楽に生きている方も少なくありません。彼らは支出を最小限に抑えるライフスタイルをモノにしています。どの生き方にも猛者はいるものです。年収100万もあれば十分に暮らすことができる環境を作り上げている彼らは、あえて正規雇用で働こうとは思わないのだそうです。

現在の日本では、年収100万を稼ぐ程度であれば、仕事など山ほどあります。また、そのような仕事の雇用条件に学歴も年齢制限もないことが少なくありません。彼らは週に3,4日働き、残りの時間を自由に生きています。また、仕事に対するストレスもなんらありません。日々過酷な労働を強いられ、ストレスに満たされている正規雇用労働者と比べるに、どちらが幸せに、そして自由に生きているかは明白です。

一度しかない人生です。「皆がそうするから自分も」という考えを捨て、もっと視野を広げることも、時に必要なのではないでしょうか。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、充実した人生を送られていますでしょうか。思い通りに自由に生きていらっしゃいますか。あなたの人生は一度しかないはずです。しかしこの貴重な時間を、空虚感を持ったまま過ごしてはいませんでしょうか。あなたは本来、もっと自由に羽ばたくことができます。思い通りに自由な人生を生きる資格を持っているのです。自由になるための仕組みを知る一部の人間は、自由を謳歌し自らの欲望をそのままに、人生を生きているものです。ですから、あなたも気づくべきなのです。そして、本来あなたが持つ自由を手に入れるべきなのです。それでは早速自由になるための方法を学んでいくことにしましょう

カテゴリ一覧


自由に生きる労働戦略編