HOME>自由に生きる労働戦略編

出る杭は打たれるが出過ぎた杭は打たれない論理


出る杭は打たれるは、真実だろうか

「あまり目立つことはするな。出る杭は打たれるものだから」

こんな言葉を聞いたり、実際に言われたことはないでしょうか。たしかに目立つ人間は、とかく攻撃を受けやすいものです。人間の多くは、人の幸せを好ましく思わないものです。また、自分を超えていく人間を暇しく思う傾向にあります。このため、人より一歩先に行く人間は、出た杭として打たれてしまうわけです。

しかしもし、あなたが今後、思い通りに自由に生きたいと思うのであれば、是非とも出る杭となることをお勧めします。わざわざ人の反感を買うことはないだろうと思われるかもしれません。しかし、なぜ人が出る杭を打つのかを考えてみれば、むしろ出る杭になった方がよいことがわかるはずだからです。

結果的に出る杭になった方が良い訳とは

出る杭は打たれるのは、出る杭が非常に大きな力を持つことになるからであり、その力は、周囲の人間を巻き込むほどのものであることが少なくありません。

たとえば、あなたが会社において出る杭になったとしましょう。あなたは当然のこと、リーダーや職制へと昇進するはずです。会社からの評価も高まるため、あなたにはそれまでにない権力が与えられることになります。あなたは、あなたの考えるままに、振る舞まうことのできる自由を手に入れることでしょう。つまり、出る杭には、強い優位性が与えられるわけです。

すると、周囲はその力に翻弄されることになります。あなたの考え一つで、自分の立ち位置がいかようにも変えられてしまうリスクが生じるわけです。だからこそ、周囲はそれを阻止しようとするわけです。この負の力は、時に強力に作用することがあります。このため、打たれないための戦略も、時に必要となるかもしれません。

しかし、あなたは走り続けるといいでしょう。つまり突出することです。強い力を得てしまえば、多くの人は、その力の配下でうまく生きようとし始めます。その力を利用して自らが這い上がるしかないと考えを改めるからです。

あなたは、あなたの考えそのままに、走り、そして周囲の人間を使っていけばよいわけです。

そう。出過ぎた杭は打たれることがないのですから。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、充実した人生を送られていますでしょうか。思い通りに自由に生きていらっしゃいますか。あなたの人生は一度しかないはずです。しかしこの貴重な時間を、空虚感を持ったまま過ごしてはいませんでしょうか。あなたは本来、もっと自由に羽ばたくことができます。思い通りに自由な人生を生きる資格を持っているのです。自由になるための仕組みを知る一部の人間は、自由を謳歌し自らの欲望をそのままに、人生を生きているものです。ですから、あなたも気づくべきなのです。そして、本来あなたが持つ自由を手に入れるべきなのです。それでは早速自由になるための方法を学んでいくことにしましょう

カテゴリ一覧


自由に生きる労働戦略編