HOME>自由に生きる労働戦略編

集中して働いて長期休暇を取る生き方も把握しておこう


1年の半分をほぼ完全な休暇として暮らしている人々とは

フリーランスや非正規労働の方に散見されるスタイルですが、集中して働き、仕事が完了した段階でまとめて長期休暇を取るという方がいます。中には半年程度働いたなら、次の半年は海外でゆっくりと生活しながらの休暇を楽しむという方もいらっしゃるようです。

たとえば、フルコミッションの営業で生計を立てている人の中には、半年で1年分の収入を稼ぐという方がいます。そんな彼は、目標額に達するまでの間、必死に働く日々を送ります。

ちなみにこの目標額とは、サラリーマンの平均月収を超えていることが少なくありません。しかし彼は毎年5ヶ月から7ヶ月程度でこの額を稼ぎ出してしまうのです。日々の生活は極めて質素であり、無駄使いもありません。働いている時期は、収入を得ることに集中しています。しかし、目標額が貯まると、東南アジアなど通貨や物価が安い地域において、長期休暇を楽しむ生活を送るわけです。そしてこの生活は短くて半年、長ければ1年にも及ぶといいます。

円安傾向にシフトしているものの、未だに円は強い通貨です。また、物価の安い国であれば、十分に豊かにしかも日本よりも低コストで遊び続けることができるのです。

また、彼はそろそろ結婚を考えたいといいます。結婚をすれば経費もかさむし、子供が産まれればさらにお金がかかるはずです。このようなライフサイクルは、結婚を機にやめるのかとの問いには、意外な答えが返ります。

「結婚して子供ができれば、確かに生活を変える必要があるだろう。しかし、結婚結婚をしたらしたで、その環境の中で自由な暮らしを続けるべきプランはすでに用意している」

結局は、人生をどのように生きていくかというコンセプトにさえブレがなければ、それに沿った生活は可能だということでしょう。

しっかりとしたプランを立てれば、あなたも手にすることができる自由人生

自由な生活を手にしながらも、しっかりとしたプランを考えるならば、あなたはそれをどのような状況においても続けていくことの道を開くことができるわけです。

いかがでしょうか。現在の日々の生活に何の魅力も感じていないと思われているのであれば、じっくりとプランを練ってみることも無駄にはならないことでしょう。

あなたの人生です。しっかりと考えさえすれば、そして着実なプランを練ることさえできれば、あなたは、如何様にも、自分の人生を演出していくことができることを、是非とも認識していただければと思います。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、充実した人生を送られていますでしょうか。思い通りに自由に生きていらっしゃいますか。あなたの人生は一度しかないはずです。しかしこの貴重な時間を、空虚感を持ったまま過ごしてはいませんでしょうか。あなたは本来、もっと自由に羽ばたくことができます。思い通りに自由な人生を生きる資格を持っているのです。自由になるための仕組みを知る一部の人間は、自由を謳歌し自らの欲望をそのままに、人生を生きているものです。ですから、あなたも気づくべきなのです。そして、本来あなたが持つ自由を手に入れるべきなのです。それでは早速自由になるための方法を学んでいくことにしましょう

カテゴリ一覧


自由に生きる労働戦略編