HOME>自由に生きる基礎的思考法編

思い通りに自由に生きたいのなら「No」というための技術も身に付けよう


「No」とは言えない人々の苦悩

人からモノを頼まれた際、なかなか「No」といえないと悩まれる方がいます。実際には、断りたいと考えているものの、「No」といえないがために、結果的にやりたくもない仕事をする羽目になったりします。また、そんな仕事に限って、苦労の伴う作業であり、また、それをやったからといって誰からも賞賛されることがありません。泣きっ面に蜂とはこのことです。

さて、では頼まれごとをした際、はっきりと「No」というためには、どうすればよいのでしょうか。これができる人からすれば、随分と意外な質問だと思われるはずです。なぜなら、「No」といえばそれで済んでしまだろうと思っているからです。一方、できない人からすれば、「それができれば悩んでいない」ということになります。

「No」といったことによる相手の反応を考えなければ「No」はいえる

実際にこれまで言えなかった人が、言えるようになるためには、どのような方法が効果的でしょうか。実はこれはさほど難しいことではありません。

まずは、あなたが「No」と言った後、どのような自体が生じるかをあまり真剣に考えないことです。「No」といえない方の多くは、これを考えすぎる傾向にあります。しかもネガティブな結果を自己意識の中で増大させてしまいます。あなたは自分の育て上げた妄想に恐怖しています。無意味なことだとは思われないでしょうか。ようは、あまり考えないことです。そうすれば、自然と「No」は言えるようになるはずです。

「No」の意味を論理的に説明するとともにアフターケアを考えておくと万全

また、この際相手に反感をかわないためには、あなたが「No」というに足りるだけの相手が納得する事情を用意すると良いでしょう。

「お前の頼みだからやりたいんだが、実は俺も急務を抱えているんだ」そして最後に「申し訳ない」と付け加えます。あなたが拒否するだけの理由があり、しかもそれをできないくて申し訳ないといっているわけですから、少なくとも筋は通っています。相手に良識があれば、引き下がるしかないはずです。

さらには、後のフォローも忘れないでおきましょう。

「この前は手伝うことができなくて申し訳なかったね」

「いや、こちらこそ無理なお願いをしてすまなかった」

筋を通せば、あなたはどのようなことも拒否することができます。そのプロセスを、事前にシュミレートしておげば、各所で活用することができるはずなのです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、充実した人生を送られていますでしょうか。思い通りに自由に生きていらっしゃいますか。あなたの人生は一度しかないはずです。しかしこの貴重な時間を、空虚感を持ったまま過ごしてはいませんでしょうか。あなたは本来、もっと自由に羽ばたくことができます。思い通りに自由な人生を生きる資格を持っているのです。自由になるための仕組みを知る一部の人間は、自由を謳歌し自らの欲望をそのままに、人生を生きているものです。ですから、あなたも気づくべきなのです。そして、本来あなたが持つ自由を手に入れるべきなのです。それでは早速自由になるための方法を学んでいくことにしましょう

カテゴリ一覧


自由に生きる基礎的思考法編