HOME>自由に生きる労働戦略編

思い通りに給与額を引き上げるコツは確かに存在する


思い通りに給与額を引き上げるコツは存在する

本来給与とは、勤続年数や年齢、企業に対する業績などによって毎年決定されるものであるはずです。よって自分の意志によって給与額を引き上げることなどできるはずがないと、考えてはいらっしゃらないでしょうか。

しかし実は、給与は自分の意志により引き上げることが可能です。特に、あなたがもし、中小零細企業にお勤めであるのなら、具現確率は高まるに違いありません。ただし、給与を引き上げるには、引き上げるための環境作りが必要となります。また、少々時間もかかることでしょう。

今回は、思い通りに給与額を引き上げる方法について、その環境作りも含めて考えていくことにしましょう。

思い通りに給与を引き上げるためには、環境作りから始める必要がある

「思い通りに給与を上げる?給与規定もあるわけだし、無理に決まっているだろう」

あなたはそのようにおっしゃるかもしれません。しかし環境さえ整えることができれば、給与は自由に引き上げることが可能です。

まずはその環境作りです。少々時間はかかります。また、人によりその時間はまちまちす。

あなたは零細企業のしかも産業自体に活気のある会社を探して入社します。当初は新入社員であるため給与も安いことでしょう。しかしこの時期は、あなたが会社に何をいっても給与は上がりません。

あなたは当初、給与額を意識せずに必死に働く必要があります。は最短で仕事を覚え、実質的な生産をあなたご自身であげることのできるようになるまで、あなたは必死に働き続けるのです。

すると、会社はあなたに多くの仕事を任せ始めるはずです。自ずと部下の数も増えていくことでしょう。あなたは部下を最大限に使いながら、さらに売上げを増やしていきます。

零細企業には、統計としてあまり優れた人材が集まりません。このため、あなたの存在は会社にとっては、とてもありがたいものとなるはずです。

あなたはさらに必死に働き続けます。あなたの業績により、会社の規模も少しずつ拡大していきます。あなたはその中心で日々走り続けるわけです。そしてついに、あなたは会社の実質的な中枢となり、あなたの存在が会社の売上を左右させるようになることでしょう。

環境が整ったなら静かに交渉を始めることにしよう

さて、ここからが勝負です。あなたは、ちょっとした仕掛けを仕掛けます。あなたがいなくなった際、会社がうまくまわらないいくつかのトラップを業務の各所に仕掛けておくのです。

そして、このタイミングで、あなたは経営者との交渉を静かに始める。

給与が少なすぎることを直接経営者に通知した上で、希望額に上乗せをした額を提示するのです。また、交渉が決裂した際には、潔く退職することを決意しておきます。あなたの存在が、会社を盛り上げ、売上を拡大してきたのであれば、経営者はあなたからの申し出を断ることはできません。それでもあれこれと都合をつけて昇給を拒むのであれば、退職届を提出しましょう。あまり粘ることはありません。

すると、高い確率で、経営者はあなたの希望年収に応じてくれるはずです。あなたはさらに売上を延ばすこと、決してマイナスにはさせないことを宣言し、走り続ければ良いのです。

いかがでしょうか。

市場経済においては、需要供給バランスの不均衡により、常に市場価格が変動するものです。そしてこれは、サラリーマンにも適用できる話なのです。このため、あなたは自らの価値を最大限にあげてしまえば良いのです。これにより会社が大切にしたいと願う人材になってさえしまえば、給与を引き上げることは、実はさほど難しい話ではないのです。

実は、この手法において、入社から2年で年収を3倍に引き上げた人間がいます。少々ブラックな手法ですが、実際に同様の手法を使い、豊かなサラリーマン生活を送ることを企てたとしても、リスクは少ないはずです。トライしてみる価値は十分にあるはずです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、充実した人生を送られていますでしょうか。思い通りに自由に生きていらっしゃいますか。あなたの人生は一度しかないはずです。しかしこの貴重な時間を、空虚感を持ったまま過ごしてはいませんでしょうか。あなたは本来、もっと自由に羽ばたくことができます。思い通りに自由な人生を生きる資格を持っているのです。自由になるための仕組みを知る一部の人間は、自由を謳歌し自らの欲望をそのままに、人生を生きているものです。ですから、あなたも気づくべきなのです。そして、本来あなたが持つ自由を手に入れるべきなのです。それでは早速自由になるための方法を学んでいくことにしましょう

カテゴリ一覧


自由に生きる労働戦略編