HOME>自由に生きる労働戦略編

仕事をサボりまくることによって自分の未来を切り開こう


社内には仕事をサボりまくっても問題にならない人間がいる

「仕事をサボりまくる」という言葉に、あなたは、どのような印象を持たれるでしょうか。

常日頃仕事をサボる人間は、会社の評価も悪く、時にクビになるリスクさえあります。また、上司や同僚からも疎ましく思われ、結果的に会社に居にくい環境を作り出してしまうと、思われることでしょう。

しかしこれは、仕事をサボる人間の成績が他の人間に比べて極めて悪い場合に限られます。人よりも高い成績を毎月たたき出していたり、会社にとって大きな業績を与え続けていたらどうでしょうか。無碍にその人間を排除することができるでしょうか。今回は、この点について考えを深めていくことにしましょう。

仕事をサボることで作り出す時間を自分のために使う

仕事をサボることについて、それが正しいと言い切る人はいないはずであす。しかし会社の利益を上げるために、必死に働いても、それに見合う収入を得られなかったり、結果としてリストラに遭うといった場合、これまでの努力が何だったのかと考えさせられてしまうことにもなりかねません。

もし、あなたが毎月給与を得ることにのみ、仕事の必要性を感じるのであれば、そして、それ以上の見返りを受けることができる環境下にあると思われるのであれば、仕事をサボりまくるのもひとつの選択肢として考える価値はあります。仕事をサボり、それによって作られた時間を、有効活用し、今後豊かに暮らすための準備は、あなたのためになるからです。

ただし、サボっていることで仕事が進まないのであれば、自分の立場を悪化させてしまうことから、これは避けるべきです。

仕事をサボりまくるための方法とその価値とは

そこでまず、仕事を効率的に進めるための策を講じましょう。たとえば誰よりも早く出社し、効率の悪い仕事については、皆が出社する以前に完了してしまいましょう。また、通常の業務についても、どのような流れで処理することで効率性が向上するかを徹底して考えましょう。すると、それまで残業をしても処理しきれなかった作業も、残業なしで完了することができるようになるはずです。

さらには、他部署などをうまく使うことで、自分の作業が軽減できないかを考えます。もしそれが可能であるならば、その人材をたまに呑みに連れ出したり、合コンに誘ってやったりと、軽く社内接待をしておきます。すると、あなたの作業時間は、飛躍的に短縮されるはずです。

もし会社の業績を伸ばすことで、あなたの立ち位置が快適なものとなるのなら、また、それにより収入が上がるようなら、単にこれを続ければ問題ありません。しかしどのように立ち回っても立ち位置や収入の見返りがないのであれば、これまでの方法により、空いた時間を作りだし、そのすべてを、あなたの今後の人生のために使うことも有効であるはずです。

たとえば非正規社員の場合、おおよそ、現在の仕事は未来のあなたの人生を支えることはありません。非正規労働には、退職金がありません。また、そもそもいつまで雇用されるかの保障がありません。

このような状況下で生きているのであれば、仕事を効率的に処理し、空いた時間を自分の未来のために使うのも、一つの選択肢となりうるはずです。給与を得ながらの今後の準備は、資金的な負担もなく進めることが可能です。是非ともうまく時間を作りだし、準備を進めていただきたいと思います。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、充実した人生を送られていますでしょうか。思い通りに自由に生きていらっしゃいますか。あなたの人生は一度しかないはずです。しかしこの貴重な時間を、空虚感を持ったまま過ごしてはいませんでしょうか。あなたは本来、もっと自由に羽ばたくことができます。思い通りに自由な人生を生きる資格を持っているのです。自由になるための仕組みを知る一部の人間は、自由を謳歌し自らの欲望をそのままに、人生を生きているものです。ですから、あなたも気づくべきなのです。そして、本来あなたが持つ自由を手に入れるべきなのです。それでは早速自由になるための方法を学んでいくことにしましょう

カテゴリ一覧


自由に生きる労働戦略編