HOME>自由に生きる金銭学編

借りたカネを返さないちょっとダークな知識も身に付けておこう


ノンバンクやサラ金の金利内訳を知っておこう

社会的通念や常識として、借りたカネを返すのは当然のことです。親、親類や友人、知人など、頭を下げ、相手の親切によって借りることのできたお金は、責任を持って期日までに返済する必要があります。借りたものを返さない場合、今後の付き合いにも悪影響を及ぼすだけでなく、あなたご自身の信用が、瞬時に失墜してしまうことになるからです。

しかしながら、借金の先がカード会社やサラリーマンローンなどの場合は、事情が少々異なります。借りたカネを返さなければならないのは同様ですが、金融機関からの借り入れの場合、上限で年利率20%以上の高い金利を徴収されています。実は、この高い金利の中には、貸し倒れ経費があらかじめ組み込まれています。

金融機関がお金を貸し出す目的とは、金利を利益として得るためです。また、金利+元金をすべて回収するために、しっかりとした審査を行います。しかしそれでも貸し倒れは発生します。貸し倒れ確率については、金融機関はそれぞれデータとして持っていることから、いくら貸せばそのうちの何パーセントが貸し倒れになるかの概算を計算することができます。そこでその分を金利に上乗せして貸し出しているのです。

借金ごときでせっかくの人生を棒に振ってはならない

よって、もしあなたが多重債務の状態に陥っており、過酷な返済の日々を過ごされているのであれば、迷うことなく任意整理、もしくは自己破産をすることで、借りたお金の返済を、国に免除してもらうことが得策です。

国としては、借金に追われ自殺でもされては、今後の復帰もあり得ないし、そもそも亡くなった人から税金を徴収することができません。このため、返済不能の状態に陥った人間に対して、返済を免除し、復帰する機会を与えているのです。この制度を、あなたは正々堂々と行使すべきです。借金ごときで今後の人生を暗いものにしてはなりません。あなたの人生はそんなに軽いものではないのですから。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、充実した人生を送られていますでしょうか。思い通りに自由に生きていらっしゃいますか。あなたの人生は一度しかないはずです。しかしこの貴重な時間を、空虚感を持ったまま過ごしてはいませんでしょうか。あなたは本来、もっと自由に羽ばたくことができます。思い通りに自由な人生を生きる資格を持っているのです。自由になるための仕組みを知る一部の人間は、自由を謳歌し自らの欲望をそのままに、人生を生きているものです。ですから、あなたも気づくべきなのです。そして、本来あなたが持つ自由を手に入れるべきなのです。それでは早速自由になるための方法を学んでいくことにしましょう

カテゴリ一覧


自由に生きる金銭学編