HOME>自由に相手を操作する方法編

自由に生きるために学ぶべき喧嘩に強くなる方法


あなたは喧嘩が強いでしょうか

突然ですが、あなたは喧嘩がお強いでしょうか。たとえば子供の頃、あなたは喧嘩が強かったでしょうか。また、学生時代はいかがですか。社会に出て仕事を持つようになったあなたは、得意先との折衝、同僚との駆け引きにおいて、常に勝利する自信をお持ちでしょうか。

大人になってからの喧嘩には、殴り合うものは少なくなるかもしれません。しかし敵と一戦を交えなければならない場面は、意外に多く遭遇するものです。そしてそんな時、あなたは敵に勝利したいと思われるでしょうか。

「勝ちたいとは思うが、勝てるはずがない。悔しいけど」

もし、そのように思われるのであれば、あなたは喧嘩に強くなる資格があると言えます。

今回は、喧嘩に強くなる方法について考えてみましょう。

「負ける喧嘩はしない」の真の意味を理解する

実は、喧嘩に強くなる方法は、実に容易に言い切ることができます。それは、「負ける喧嘩はしない」という一言につきるからです。しかしこれは、負けそうな相手と喧嘩をしないという意味ではありません。

本来、自分より弱い人間とは喧嘩をしてはならないし、喧嘩をする意味がありません。あなたが喧嘩をする相手とは、あなたよりも強い相手でなければなりません。なぜなら、喧嘩とは自分の意見を通すために、相手と交える戦いであるはずだからです。自分より立場の弱い人間に対して、意見が通らないことはないし、そんな相手と争う必要はないはずです。自分より弱い相手との喧嘩は、喧嘩ではなく単なるイジメに過ぎません。

さて、では、自分より強い人間を相手として、「負ける喧嘩はしない」という原則に則りながらも、喧嘩に勝利するにはどうしたらよいでしょうか。

「自分よりも強い人間を相手としながら、負ける喧嘩をしないとするなら、そもそも喧嘩にならないのでは?」

当然の意見です。しかしそんなことはありません。

喧嘩に負けない人間は、実は周到な準備を喧嘩の前にしている事が多いものです。徹底した準備において、相手が勝つことができない状況へと、事前に相手を陥れているのです。そしてその状況が明確になった段階で、相手に喧嘩を仕掛けています。その際相手は劣勢であるわけですから、あなたは当然のこと勝利することになります。

喧嘩に勝つ実践的方法を学ぶ

たとえば、あなたには打ち負かしたい相手がいたとしましょう。しかし思いつくまま喧嘩をしたら、あなたは必ず負けることでしょう。なぜなら、あなたは相手よりも弱いからです。

そこで、あなたは周到な準備を開始します。たとえば、相手の弱点を調べ上げる、多くの人間を味方につけるなど、方法はその時々において複数存在するはずです。つまり事前の準備により、状況や周りの人間、あなた自信の知識など、総合的な力をあなたは蓄えるのです。

そして、どのようなアプローチにおいても、相手に必ず勝てる状況を構築した段階で、あなたは相手に喧嘩を仕掛ければよいわけです。

この喧嘩においての勝敗は、ほぼ決定しています。なぜなら、そこまでの準備をあなたは完了しているからであり、つまりは、その時点であなたは相手よりも強い力を持っているからです。

いかがでしょうか。

喧嘩とは、殴り合えばすっきりとする青春ドラマのようにきれいなものではありません。喧嘩をするからには勝つ必要があります。特にビジネスにおける喧嘩は、負けた段階で潰されかねないほどのリスクを負うこともあるからです。

だからこそ、あなたは勝利する必要があるわけであり、その状況を作り上げるまで、安易に喧嘩を仕掛けてはならないのです。

ご理解いただけたでしょうか。

この方法をすぐにでも取り入れていただきたく思います。あなたは今後、喧嘩には負けることのない人間へと変貌することができることでしょう。そして、まわりに敵が居なくなれば、その分、あなたは思い通りに自由に生きることができるはずだからです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、充実した人生を送られていますでしょうか。思い通りに自由に生きていらっしゃいますか。あなたの人生は一度しかないはずです。しかしこの貴重な時間を、空虚感を持ったまま過ごしてはいませんでしょうか。あなたは本来、もっと自由に羽ばたくことができます。思い通りに自由な人生を生きる資格を持っているのです。自由になるための仕組みを知る一部の人間は、自由を謳歌し自らの欲望をそのままに、人生を生きているものです。ですから、あなたも気づくべきなのです。そして、本来あなたが持つ自由を手に入れるべきなのです。それでは早速自由になるための方法を学んでいくことにしましょう

カテゴリ一覧


自由に相手を操作する方法編