HOME>自由に生きる金銭学編

経済的な自由を得たいと考えるあなたが行うべき事とは


経済的な自由を得たいのであれば、まずは意識を変える必要がある

あなたがもし経済的な自由を得たいと考えているのであれば、まず最初に意識を変えていただく必要があります。一般的に経済的な自由を得たいと考える人間の多くは、収入をいかに上げるかという点に注目するはずです。収入が上がれば、ライフスタイルを向上させることができるからであり、これは当然の考えとも言えます。しかしここには大きな落とし穴があります。

今回は、経済的な自由を得たいと考えているあなたに、それを実現するための意識の持ち方をご紹介することにしましょう。

現状は転職によって収入を上げることは難しい

あなたの現在の年収はおいくらでしょうか。500万円?それとも300万円程度でしょうか。

昨今では年収が年々目減りしてきている方も多いと聞きます。

当然のこと、生活も年々苦しくなってきていることでしょう。年収の二極化は今後更に拡大するものと予想されています。つまり、富を得る者はさらなる富を得、貧困にあえぐ人間はさらに貧困の度合いを増すことになるわけです。

さて、生活が苦しくなったあなたは、できれば経済的な自由を得たいと考えることでしょう。ところが現状、転職によって年収をあげることが難しくなってきています。

法人の多く、少数精鋭での経営を目指していることから、正規労働者である正社員を最低限に抑え、他の業務はアウトソーシングや非正規雇用者に任せるモデルが一般化しつつあるからです。このため、年収を上げるべく転職を図ろうにも、その転職先が限りなく少ない状況にあります。

経済的な自由を実現するために、あなたは年収を上げる必要はない

実は、経済的な自由を実現するために、あなたは年収を上げる必要はありません。

「年収を上げずに、このギチギチの生活から抜け出せるはずはない。ましてや経済的自由など夢物語だ」

あなたはそう思われることでしょう。しかし、経済的自由を得るために重要なのは、収入のアップよりも、むしろ支出の抑制部分にあります。また、支出の抑制は、今日からでもあなたの意志により、実行していくことができるものです。

一方、支出の抑制が実現できなければ、実はいくら年収を上げたとしても、経済的自由を手にすることができないのです。この点については重要なので例を挙げて説明をすることにしましょう。

たとえば、あなたの現在の年収は300万円だったとしましょう。そんなあなたの年収が500万年になったなら、確かに若干の余裕は得ることができることでしょう。しかしこの年収においても、あなたの生活は豊かにはなりません。なぜなら、増加した200万円分を、あなたはライフスタイル向上のために使ってしまうことが予想されるからです。

一方、年収300万円のあなたが、たとえば支出を年間200万円に抑えることができたと仮定してみましょう。あなたには翌年100万の貯蓄ができているはずです。また、そんなあなたが、年収500万に昇給したとしよう。すると単純計算で年300万円もの貯蓄を積み上げることが可能となるわけです。

資本主義社会の見えない罠から抜け出すことで支出を減らそう

「現在の年収300万円でも苦しいのに、年100万円の貯金などできるはずがない」

あなたはそう思われることでしょう。現状で貯蓄ができない人間は、年収がいくら上がろうとも、無駄な支出が増えるだけで、結局貯蓄はできないものなのです。

私たち日本人は、資本主義社会で生きています。資本主義社会においての企業体は、利益を追求することを第一目的としなければなりません。このため、さまざまな戦略で市場やシェアを拡大しようと考えています。この戦略に、私たち消費者は組み込まれ、そして多くのお金を吸い上げられているのです。

まず、あなたが起こさなければならない行動とは、自己意識を変えることです。そして、資本主義社会のさまざまな罠や呪縛から抜け出すことなです。

モノを消費し続けることが快適な生活、高いライフスタイルという意識を捨て、今一度じっくりと自己のライフスタイルを見直してみましょう。すると、実は無意味な消費に踊らされている事実に気付くことでしょう。年収の多くを吸い上げられていることを認識すべきなのです。

これらの認識ができるようになると、それだけであなたの支出額は大幅に縮小されるはずです。すると、現在の年収そのままでも、経済的自由を得ることができるのです。

まずはこの点に気付くべきなのです。するとあなたはお金に困ることなく、逆にお金を味方につけることに成功するはずです。あなたの経済的自由は、このとき始まるのです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、充実した人生を送られていますでしょうか。思い通りに自由に生きていらっしゃいますか。あなたの人生は一度しかないはずです。しかしこの貴重な時間を、空虚感を持ったまま過ごしてはいませんでしょうか。あなたは本来、もっと自由に羽ばたくことができます。思い通りに自由な人生を生きる資格を持っているのです。自由になるための仕組みを知る一部の人間は、自由を謳歌し自らの欲望をそのままに、人生を生きているものです。ですから、あなたも気づくべきなのです。そして、本来あなたが持つ自由を手に入れるべきなのです。それでは早速自由になるための方法を学んでいくことにしましょう

カテゴリ一覧


自由に生きる金銭学編