HOME>自由に生きる基礎的思考法編

空気を作ることで、コミュニティで自由に生きることができる


空気を読まずに作る側に立つ選択肢とは

「あいつはKYだから」

一時期流行った言葉です。KYとは「空気を読めない人間」の「空気」と「読めない」の頭文字をとったもので、つまりはその場の雰囲気を読めずに、場違いな発言をする行為や、その当人のことをいいます。

コミュニティに参加してその中でうまくやっていくには、コミュニティの空気を読み、うまく同化する必要があります。たぶんはあなたも、日々的確に空気を読みつつ、コミュニティの中で生きているはずです。

しかし、まったく空気を読まずとも、自分の思うがままに自由にそのコミュニティに居続けることがでいる人間も少なくありません。それは「空気を作る」側の人間です。彼らは自由に発言し、そして思うがままに振る舞います。彼らが中心となりコミュニティが成り立っている場合、とりまきは彼らの作った空気を読みながら、そこに居続けようとするものです。

さて、あなたはどちら側にいたいでしょうか。

「末端で空気を読みながら静かにしている方がいい」という方もいらっしゃるでしょう。

「いや、できれば空気を作る立場になって自由に振る舞ってみたい」と、そんな願望を持たれている方もいらっしゃるかもしれません。

空気を作る側にまわるための戦略とは

さて、では空気を読むのではなく作る側にまわるために、あなたはどのような戦略を持てばよいでしょうか。

あなたが空気を作る側にまわるには、あなたご自信ががコミュニティの中心人物となるか、もしくは人気者となることです。つまりコミュニティのリーダー的な存在になっていれば良いわけです。

「そんなこと、難しくてとてもできそうにない」

あなたはそう思われるかもしれません。しかし、あなたが考えるほど難しくはありません。

あなたはどのような得意分野をお持ちでしょうか。もし何らかの得意分野をお持ちなら、その分野におけるコミュニティを自ら作り上げることで、少なくてもその場において、空気を作る側にまわることは可能となります

また、どのようなコミュニティにおいても、同様に空気を作る側にまわりたいのであれば、ユーモアセンスを磨くとともに、雑学の知識を膨大に増やしていけば良いのです。皆を笑わせることができ、しかも皆が聞き入る程の情報を持っている場合、場所を選ばず、空気を作る側にまわることができるからです。

この社会は必ずギブアンドテイクで成り立っています。

あなたが何らかの魅力を持てば、それを求めて人は集まり、そしてあなたを中心としたコミュニティが形成されます。その場においては、あなたが空気を作る側であり、あなたは空気など読む必要はないのです。

ただし、コミュニティを育てるためには、的確な空気作りが不可欠となります。この点については別の機会に考えを深めていくことにしましょう。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、充実した人生を送られていますでしょうか。思い通りに自由に生きていらっしゃいますか。あなたの人生は一度しかないはずです。しかしこの貴重な時間を、空虚感を持ったまま過ごしてはいませんでしょうか。あなたは本来、もっと自由に羽ばたくことができます。思い通りに自由な人生を生きる資格を持っているのです。自由になるための仕組みを知る一部の人間は、自由を謳歌し自らの欲望をそのままに、人生を生きているものです。ですから、あなたも気づくべきなのです。そして、本来あなたが持つ自由を手に入れるべきなのです。それでは早速自由になるための方法を学んでいくことにしましょう

カテゴリ一覧


自由に生きる基礎的思考法編