HOME>自由に生きる労働戦略編

サイドビジネスを始めることには、無限の価値が隠されている


「起業」よりもセイフティなビジネスの始め方

「起業」という言葉が流行ってしばらく経ちます。現在では、多くの人が大きな夢をもっては起業するようです。しかし確率的に申し上げるなら、このうちのおよそ9割が10年以内に起業組から離脱するといわれています。それほどまでに起業は難しいわけです。

起業から半年、ないし1年程度は通常、必死に働いたとしても利益は出ません。このため、その間、生活を支えるための十分な資金が必要となるものです。また、ビジネスが軌道に乗り始めた後も、資金を円滑に回していかなければ、負債額がかさむリスクもあります。さらには、売上が下がればどれだけ過酷な労働を続けても給与を得ることはできません。

起業は、ビジネスがうまく拡大し続ければうまみがある一方で、うまく行かなければ悲惨な結果をもたらすリスクもあります。

「そこまでのリスクは流石に負えない」

あなたはそのように思われるでしょうか。しかし起業とまで大きな展開を図らずとも、セイフティに、しかもリスクを最小限に抑えながら、利益を作り出す方法があります。

サイドビジネスの展開です。本来の仕事を続けながら、ビジネスを展開するのです。

サイドビジネスは小資本で始めることができるビジネスである

この方法であれば、月々の生活費は本来の仕事によって得られることから、時間的にゆとりをもってビジネス展開を図ることができます。また、極めて小さな規模から始めることが可能であるため失敗したとしても、大きな痛手を受けることなく撤退したり、軌道修正をすることも可能です。

一方、ビジネスがうまく回り始めたなら、その段階で専業とするか否かを考えればよいのです。

さらには、サイドビジネスの場合、資本金をほとんど必要ないという大きなメリットがあります

サイドビジネスで儲けるのであれば・・・

たとえばあなたは、あるものを仕入れて販売をするモデルを、サイドビジネスとして採用したとしましょう。仕入れ値が5千円であれば、それが資本となります。これを1万円で販売したとすると、売上は利益を含めて1万円。この1万円をそのまま次の商品仕入れに充てれば、商品をふたつ仕入れることができるはずである。このように、サイドビジネスの場合、資本をかけなくとも、利益を再還元することにより、徐々に資本を増やしていくことができるわけです。

また、この際にさまざまなノウハウを学ぶことになるはずです。

この展開を数年単位で続けるならば、資本や在庫は大幅に増大するはずです。いつしか本業の給与を超える時がくるかもしれません。

会社を退職していきなり「起業」し、日々の生活費にあえぐのであれば、サイドビジネスを展開された方が乗り越えるべき壁が低くなることをご理解いただけるでしょうか。

何のプレッシャーもなく自由にビジネスに取り組み、そしてそれを大きくすることができたなら、そのときに初めて独立を考えればよいわけです。

サイドビジネスのスタートを、是非ともトライしてみればと思います。成功を必ずあなたは手にするはずですから。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、充実した人生を送られていますでしょうか。思い通りに自由に生きていらっしゃいますか。あなたの人生は一度しかないはずです。しかしこの貴重な時間を、空虚感を持ったまま過ごしてはいませんでしょうか。あなたは本来、もっと自由に羽ばたくことができます。思い通りに自由な人生を生きる資格を持っているのです。自由になるための仕組みを知る一部の人間は、自由を謳歌し自らの欲望をそのままに、人生を生きているものです。ですから、あなたも気づくべきなのです。そして、本来あなたが持つ自由を手に入れるべきなのです。それでは早速自由になるための方法を学んでいくことにしましょう

カテゴリ一覧


自由に生きる労働戦略編