HOME>自由に相手を操作する方法編

サラリーマンであれば利用価値のある直属の上司を負かす方法


サラリーマンにとっての避けがたい苦痛とは

サラリーマンの業務は、経営者側から見るに、責任もなく楽なものと受け取られています。契約を破棄されたからといって多大な借金を背負って破産するリスクはありません。また、売上が下がったとしても、それはそれと毎月給与を要求することができます。昨今、過酷な業務が社会問題化してきていますが、それでもまだまだ気楽な商売といえるかもしれません。

しかしそんなサラリーマンにも、実は避けがたい苦痛があるものです。それは、好き嫌いに関わらず、人と毎日コミュニケーションを図らなければならないという点です。この部分の苦痛は意外に大きいものです。給与の60%は、この苦痛の代償として得ているのではないかと思えるほどです。

特に直属の上司とのソリが合わない場合、日々のストレスは多大なものとなります。なかにはパワハラなどにより、統合失調症や鬱病を発症する人間すらあるのです。

そこで、そんな直属の上司を負かす方法を、今回は考えてみたく思います。

まずは上司を負かすための環境作りを始めよう

「直属の上司を負かす方法」は、実はあなたご自身の取り組みのみで具現化することができます。複雑なプロセスや戦略は不要であり、つまりあまり難しいものではありません。ただし、ご自身の努力は不可欠となります。

まずは、仕事量を現在の数倍にも拡大していただきます。サービス残業や泊まりも厭わず、とにかくは仕事のみの日々を送っていただくわけです。何年も続ける必要はないので、とにかくはあなたの力の限り、自分の仕事に、文字通り必死に取り組んでいただきたく思います。

もしかすると、直属の上司はそんなあなたの邪魔をしたり、攻撃を仕掛けてくるかもしれません。しかしそれに屈することなく、仕事に邁進して下さい。

すると、しばらくして社内でちょっとした変化が起き始めるはずです。それは、直属の上司のさらに上の役職や経営者とのコミュニケーションの場が開かれるのです。これはさほど遠い話ではありません。早ければ数ヶ月でそんな場面が登場し始めるはずです。あなたは、十分にその層とのコミュニケーションを図りましょう。

必死に仕事を続けると、仕事のロスや問題点、その改善点などもあなたには見えてくるはずです。また、新たな試み策なども浮かんでくるかもしれません。それらをその層の人間との会話に織り交ぜると良いでしょう。コミュニケーションはさらに深まっていくはずです。

環境さえできてしまえば、上司はあなたに手出しができない

この段階になると、直属の上司は、あなたへの攻撃を停止せざるを得ない状況に陥ることでしょう。あなたに対する攻撃を続ければ、彼の上司から攻撃されるリスクが高まるからです。また、経営者から何を言われるかしれないからです。さらに、あなたが昇進し、同僚、上司となった時のことも、彼には見え始めることでしょう。すると、彼はあなたに手出しをすることをリスクととらえるようになります。今後の報復の可能性が高まるからです。

おわかりでしょうか。

あなたは、ひととき、文字通り、必死に働けば良いのです。仕事以外にはわき目も触れず、ただただ走り続けます。もしあなたがまだお若いのであれば、多少の無理はきくはずです。また、自ら望んでの激務なので、心が折れる確率は限りなく少ないことでしょう。

大丈夫。あなたはそれを実行することができます。そして、自らの行動により、直属の上司を飛び越えたコミュニケーションをモノにすることでしょう。また、あなたには高い評価と、仕事に対する誰にも負けないスキルが備わっていきます。まさに究極のパワーも得ることになるのです。小さな直属の上司など、すぐにでも負かすことができることでしょう。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、充実した人生を送られていますでしょうか。思い通りに自由に生きていらっしゃいますか。あなたの人生は一度しかないはずです。しかしこの貴重な時間を、空虚感を持ったまま過ごしてはいませんでしょうか。あなたは本来、もっと自由に羽ばたくことができます。思い通りに自由な人生を生きる資格を持っているのです。自由になるための仕組みを知る一部の人間は、自由を謳歌し自らの欲望をそのままに、人生を生きているものです。ですから、あなたも気づくべきなのです。そして、本来あなたが持つ自由を手に入れるべきなのです。それでは早速自由になるための方法を学んでいくことにしましょう

カテゴリ一覧


自由に相手を操作する方法編