HOME>自由に生きる労働戦略編

しっかりと考えれば可能となる楽してカネになる仕事探し


楽をしてカネを稼ぐという意味から考えよう

「楽をしてお金を稼ぐ方法は実は存在するというお話」はご覧になられたでしょうか。お読みいただければわかると思いますが、楽してお金を稼ぐ方法は、実際に存在します。また、その方法で多くの人間が豊かに暮らしています。ご興味のお持ちの方は、ぜひお読みいただき参考としていただければと思います。

さて、その第二段として、ここでは「楽してカネになる仕事探し」について解説を進めていきたいと思います。

そもそも人に雇用される場合、さしてお金にはならないものの、仕事は総じて楽であることが少なくありません。確かに過酷な労働はあるでしょう。しかし雇用された労働の場合、リスクは最小限で済んでしまうものです。多大な先行投資は不要であり、仮にビジネスがうまく行かなかったとしても、最悪会社が倒産してしまったとしても、職を失ったり1ヶ月分の給与が受け取れないくらいで済みます。よって失敗のリスクは、考えれば少ないわけです。そして、この面から考えるならば、雇われる仕事は、毎朝眠いことを除けば、気楽ともいえます。つまり、雇用される仕事さえ見つければ、楽してカネになる仕事にありついたこととなりそうです。

しかし、ここでは考えをさらに進め、より楽な仕事を探すためのコツについて考えていきましょう。

楽な仕事を探すためには、あなたにとっての「楽」を明確にする必要がある

「楽」の感じ方は人それぞれ異なります。ある人は、誰にも管理されずに進めることのできる仕事を楽というかもしれません。また、ある人は、体力を全く使わないデスクワークを楽と感じるかもしれないでしょう。なかには、単純作業を行っていれば良しとする職場を、楽だと称しているかもしれません。つまり楽な仕事とは、人によって異なることになるわけです。

そこでまず、自分が「楽」だと思える仕事とは、どのようなものであるかを考え、これを紙に書き出す作業から始めます。

「高収入」「時間的拘束がない」「昼寝ができる」「作業が楽」「残業がない」どのようなものであってもかまいません。ただし、このすべてを満たす仕事は、多くの確率で存在しないと考えた方がよいでしょう。

そこで次に、紙に書き出した項目の中で、どうしてもこれだけは譲れないという項目に丸をつけましょう。すると、これがあなたの望むべき楽な仕事の条件ということになります。

業種によって様々な特性を持つ仕事内容

実は仕事には、業種により様々な特性があります。

たとえばシステムエンジニアの場合、作業が過酷であるものの、進捗を自分で徹底管理すれば、その中で比較的自由に仕事をすることが可能です。完全フレックスの企業もあるため、昼頃からオフィスに出る生活を手にすることもできることでしょう。

また、フルコミッション営業の場合、売上を挙げなければまった収入にならない一方、時間的拘束がまったくないものもあります。ノルマはあるものの、集中して仕事をすれば、昼寝はおろか、1ヶ月ほどの休暇を自分で設定することすら可能です。

これらの仕事は、実績がものをいいます。実績を出せなければ切られてしまいますが、常に実績をあげることができている人間にいわせるならば「楽」な仕事なのだそうです。

「そんな仕事はとてもできない。時間的拘束はあっても良いので楽な仕事を」

そのように思われるのであれば、事務職にターゲットを絞るという手もあります。これまでのスキルによっては、残業のない事務職を得ることができるかもしれません。

すべてにおいて好条件の職業は存在しません。また、もし存在したとしても募集がかかることはまずないことでしょう。しかし、ひとつの条件に絞り、それを満たす仕事を探すのであれば、目的を達成することは、無理ではないはずです。

まずは限定しましょう。あなたにとって「楽」とは、なんでしょうか。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、充実した人生を送られていますでしょうか。思い通りに自由に生きていらっしゃいますか。あなたの人生は一度しかないはずです。しかしこの貴重な時間を、空虚感を持ったまま過ごしてはいませんでしょうか。あなたは本来、もっと自由に羽ばたくことができます。思い通りに自由な人生を生きる資格を持っているのです。自由になるための仕組みを知る一部の人間は、自由を謳歌し自らの欲望をそのままに、人生を生きているものです。ですから、あなたも気づくべきなのです。そして、本来あなたが持つ自由を手に入れるべきなのです。それでは早速自由になるための方法を学んでいくことにしましょう

カテゴリ一覧


自由に生きる労働戦略編