HOME>自由に生きる労働戦略編

いくらでも作ることができる「楽をしてお金を稼ぐ方法」


実際に存在する「楽をしてお金を稼ぐ方法」

「楽をしてお金を稼ぐ方法」という言葉には、胡散臭いイメージがつきまいます。多くの人間が日々まじめに働き、過酷な労働に耐えつつ生きています。安い賃金で四苦八苦しているのにも関わらず、楽をしてお金を稼ぐことなど、あるはずがないと考えるのが、自然な流れです。

しかし実は、この世界には、楽をしてお金を稼いでいる人間が多く存在します。いや、多額の収入を得ている人間の多くが、実は楽をしてお金を稼いでいるのです。

さてこれ、あなたは信じることができるでしょうか。

労働者と経営者のお金の稼ぎ方の相違を考える

現在、日本においては、労働者の90%近くが、雇用された形でお金を得ています。つまり、会社に勤めることにより給料を得ています。給与は会社に出社して働くことにより、その対価として得ることができます。このため、会社に行かなければお金にはなりません。当然のことです。

一方、経営者やフリーランスの立場で生きている人間の場合はどうでしょう。

彼らは、得意先から仕事を受け、それをこなすことでお金を得ています。また、お金が流れる場所の一端に身を置くことで、たとえば中間流通マージンを得ています。彼らは、1日24時間働き続けても、休みなく1年365日働いても、仕事がなければ誰も給与を支払ってはくれません。ようは、売上があがらなければ、まったくお金にはならないわけです。

しかしその一方で、多くの仕事を受注し、それをこなすことのできる組織を構築してしまえば、経営者は、仕事をまったくしなくても、会社で最も高い給与を得ることができます。極端な話、毎日ゴルフを楽しんでいても、南の島で寝ていても、給与を得ることができるわけです。

このように、雇用者と労働者では、お金を稼ぐためのプロセスがまったく異なります。

よって労働者であることを選択するならば、楽してお金を稼ぐことは難しいでしょう。しかし、自ら起業するならば、そんな方法も見え隠れし始めることになります。

「経営者は経営者なりに過酷だと思うが」

確かにその通りです。しかし、自ら起業をするならば、お金の稼ぎ方に制限を受けることはありません。

経営者であれば作り出せる「楽をしてお金を稼ぐ方法」

起業当初は、仕事をこなすだけでなく、次の仕事の獲得、経理や事務作業など付随する作業が山ほどあります。このため、とても楽にお金を稼ぐ状態にはなれません。しかし、本筋である売上げさえ上がり始めれば、稼ぎ方などどうにでも変えることが可能となります。

たとえば、雑務についてはアウトソースに依頼し、投げることが可能です。また、仕事についても、安く労働者を雇って処理させることができるでしょう。あなたは経営を健全に継続する方法を模索し続ければよいわけです。ようは、お金の流れを自分に呼び込み、そしてその一部を自分に残す流れやビジネスモデルを、時間をかけて構築すればよいのです。

実際に、この取り組みを行い、自分ではほとんど何もせずに、平均賃金の何倍もの収入を得ている人間は少なくありません。

起業当初は多大な苦労が伴いますが、経営さえ安定してからは、楽にお金を稼ぐ方も実際にいるのです。実際には手放しでというわけにはいきませんが、それでも「楽してお金を稼ぐ方法」は存在します。つまり、これを自ら作り上げることは、十分に可能なことなのです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、充実した人生を送られていますでしょうか。思い通りに自由に生きていらっしゃいますか。あなたの人生は一度しかないはずです。しかしこの貴重な時間を、空虚感を持ったまま過ごしてはいませんでしょうか。あなたは本来、もっと自由に羽ばたくことができます。思い通りに自由な人生を生きる資格を持っているのです。自由になるための仕組みを知る一部の人間は、自由を謳歌し自らの欲望をそのままに、人生を生きているものです。ですから、あなたも気づくべきなのです。そして、本来あなたが持つ自由を手に入れるべきなのです。それでは早速自由になるための方法を学んでいくことにしましょう

カテゴリ一覧


自由に生きる労働戦略編