HOME>自由に生きる金銭学編

「カネは使わなければ減らない」という事実を実体験として把握する価値とは


使わなければ減らないことはわかっていても使ってしまうお金

「カネは使わなければ減らない」ごく当たり前のことであり、誰もが「当然のこと」として理解していることでしょう。しかし実は、これを実体験として体で理解している方は、意外なほど少ないものです。多くの方は、次のように考えているはずです。

「カネは使わなければ減らない。しかし使わなければ生きていけない。よって支出は止めようがない」

つまり、使わなければ減らないが、そんなことはできないから、結果として減るものと結んでいるわけです。

しかしこれでは、使えば減るという部分しか体験していないことになります。少ない給与を給料日にもらい、その日に少々贅沢をし、あとは次の給料日まで耐える日々。支払う物は数多く存在し、また、日々最低限だがお金は出て行く。この貧困サイクルから抜け出すすべはない。あなたはそう考えていないませんでしょうか。

「考えているのではなく、それ以外の選択肢はない」

もしあなたがそのように思われるのであれば、是非とも実行していただきたいことがあります。

「お金は使わない」を実践することで得ることの出来るメリットとは

それは、「お金は使わない」という事を徹底して意識し、日々を送っていただくことです。

資本主義社会においてお金を使わずに生きることは難しいものです。しかし「お金は使わない」を念頭に置いて、それをベースですべてを考えると、いままでと異なる消費体型を数日のうちに実感することができるはずです。

あなたは日々、小さな買い物を繰り返しているはずです。そのすべてについて、使わなくても生存に不都合となることはないかを問いつめます。そして不都合がないものであれば、絶対に買わないようにします。また、不都合と思えるものでも、買わずに済ませる方法を考え、できれば買わないようにします。

最初は少々大変かもしれません。しかし、まず一ヶ月を乗り切りましょう。すると、意外にもその恩恵はすぐにあなたに訪れることでしょう。

いつもは足りなかったお金が、あまるのです。しかもそこそこまとまった額であるはずです。お金がないために、週末にアルバイトでもしようかとまで考えていたあなたが、収入を増やすことなく、貯金までできるようになるのです。

この感覚は、実行された方でないと把握できないかもしれません。しかし、一度これを体感すると、その後のあなたの金銭感覚は、大幅に改善されることになります。

このため、是非とも一度体験していただきたいと思います。それは、今後の人生をも変えることになるかもしれないのですから。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、充実した人生を送られていますでしょうか。思い通りに自由に生きていらっしゃいますか。あなたの人生は一度しかないはずです。しかしこの貴重な時間を、空虚感を持ったまま過ごしてはいませんでしょうか。あなたは本来、もっと自由に羽ばたくことができます。思い通りに自由な人生を生きる資格を持っているのです。自由になるための仕組みを知る一部の人間は、自由を謳歌し自らの欲望をそのままに、人生を生きているものです。ですから、あなたも気づくべきなのです。そして、本来あなたが持つ自由を手に入れるべきなのです。それでは早速自由になるための方法を学んでいくことにしましょう

カテゴリ一覧


自由に生きる金銭学編